空き巣が破りにくい鍵のタイプ~紛失などの鍵トラブルにも有効~

侵入されやすい古い鍵~空き巣対策でリスクを減らす~

鍵トラブルを防ぐ~空き巣対策するなら防犯性が高いもの~

古い鍵は鍵トラブルも頻発してしまうため、交換を検討する人もいるでしょう。しかし、せっかく交換するのであれば、鍵の防犯性についても注目する必要があります。

鍵交換をするなら防犯性の高いカギで空き巣防止

タイプの古い鍵ほど、鍵がうまく回らないなどの鍵トラブルが起こりやすいものです。さらに古い鍵は空き巣にも破り方を熟知しているため、施錠をしていてもあっけなく中に入られてしまいます。鍵交換をするなら、最新の防犯性能の高い鍵を選びましょう。以下に、現在防犯対策として高い効果があるとされている鍵の種類を紹介しています。


性能の良いカギタイプ

暗証番号タイプ
暗証番号タイプの鍵は、ボタンやテンキーなどを入力することで鍵を開けるタイプです。従来のように鍵を持ち歩く必要がないため、鍵を紛失することでの鍵トラブルを回避できます。暗証番号自体は自分で何度も変えることができるため、定期的に番号を変更することで、効果的に空き巣対策が行なえます。
カードタイプ
カードタイプの鍵は、磁気層を埋め込んだ特殊なカードを差し込み、シリンダーを回すタイプや、ICカードをかざすことで解錠するものなど、その種類もさまざまです。鍵穴自体がないため、ピッキングやドリリングといった鍵破りの手法も通じないことから、高い防犯性能があります。
生体承認タイプ
生態承認タイプの鍵は、指紋や静脈、顔などをセンサーが調べて鍵を開ける最新式の鍵です。鍵がなくても家の出入りができることや、ピッキングやダンピングなどの鍵破りの手法もまったく通用しないため、高い防犯性能があります。一番のネックは費用がまだまだ高額であるため、簡単に家に導入することができないという点でしょう。指紋認証などの鍵は価格もお手頃となり、徐々に普及していますが、まだまだ馴染みのないタイプの鍵なのです。
リモコンタイプ
リモコンタイプとは、名前の通り専用のリモコンによって鍵の開け閉めを行なう鍵です。最近の車などにはほとんどこのタイプの鍵が導入されており、鍵を差し込んで開閉する手間が掛からないことが魅力です。鍵穴がついていないタイプであれば、鍵破りの手法にも強い鍵といえます。ただし、導入する場合費用が高く、家族全員にリモコンを渡すとなると人数分費用がかさむことがあるため、注意が必要です。
TOPボタン